top of page

「近衛文麿」総理が仕組んだ『日米戦争』|第二次世界大戦


【軍事報道】 令和四年十二月二十八日まで経営科学出版(代取:谷口暢人)は、講座『歴史教科書が教えない近衛文麿の大日本帝国滅亡計画』のPVを公開した。


副題は「戦争に導いた七人の日本人スパイの正体」。国際金融資本から読み解く日米戦争の真実の第三弾。計六時間の動画。講師は近現代史研究家・林千勝(辛丑)。


PVでは、日米戦争が無謀な理由を「勝つ可能性の無い米国と戦争をしたから。」と伝えた。併し、日米開戦までに「二つの歴史的な運命の分かれ道(支那事変・北進南進)」があったが、二回も間違った道を選択したと主張。


以下は、英チャーチルや米ウェデマイヤー将軍の回顧録からPVが引用した。

日本が勝者となれる唯一のチャンスは、独ソ戦勃発時にソ連を攻撃し、ドイツと組んで挟み撃ちにする事

 

支那事変


 当時、大日本帝国が宣戦布告する相手国は無いので、「日中戦争」は正しくない。支那には春秋戦国時代の様に、複数の自称政府が乱立していた。PVでは以下の時系列を伝えた。


  • 支那大陸侵攻⇒欧米諸国が日本と戦闘する大義名分

  • 盧溝橋事件」;四日後に中国国民党(現・台湾)と停戦協定⇒互いに戦争する気ナシ

  • 近衛文麿(辛卯)総理が国民党への報復決定・メディアへ決意表明(政財界への相談ナシ

  • 近衛総理=NHK総裁

  • 第一次「近衛内閣」の内閣書記官長(官房長官)=風見章(丙戌、元・朝日新聞の幹部)

  • 両名から世論統一の協力要請「強硬論」

  • 陸軍「参謀本部」石原莞爾(己丑)第一部長等が、近衛総理へ和平を直談判⇒近衛総理、陸軍の強硬反対を押し切る

  • メディアによる支那報復の空気が完成⇒支那事変の本格開始



北進南進(対ソ連、対英米)


  • 独ソ開戦時;松岡洋右(庚辰)外務大臣は、昭和天皇へ上奏「ソ連へ攻め入り、ドイツと共にソ連を東西から挟み撃ちにするべし。」

  • 昭和天皇が裁可;対ソ戦(北進)に向け、陸軍省・参謀本部で五十一万人を新動員

  • 対ソ戦決定の「大本営政府連絡会議」を近衛総理が急遽、中止に⇒その後の会議も引き延ばし

  • 松岡外務大臣や及川古志郎(癸未)海軍大臣が同会議にて「南進すれば、米国と戦争になるからやるべきではない。ソ連と戦うべきだ。」と主張

  • 第二次「近衛内閣」が総辞職

  • その二日後に松岡を閣外追放し、第三次「近衛内閣」組閣

  • 海軍「軍令部」永野修身(庚辰)総長の『南進論』を近衛総理が全面支持⇒後に、永野大将は『真珠湾攻撃』を独断決定!

  • 南進決定

  • その一ヶ月未満の後に米「石油輸入禁止」発表

  • 日米開戦(真珠湾攻撃)へ


 

戦勝国の予定から敗戦国へ

 そしてPVでは、当時の近衛内閣を「日本敗戦の為に画策」と断定。「近衛内閣は、日本を救う為ではなく、寧(ムシ)ろ日本を戦争に向かわせる様な言動を繰り返していたのです。」と強調した。併せて、独ソ開戦時に「この時、ソ連を戦っていれば、日本が勝つ可能性はあったにも関わらず、近衛はこれを阻止しようと画策したのです。」と訴えた。


風見書記官長は支那事変につき、日記にて以下を認(シタタ)めた。

「こういう風に画策したのは、陸軍ではないか?」という説もあるけれど、そうではない。 自分が近衛文麿と図って、これを画策した


また戦後に、「藤原家」筆頭である近衛元・総理は、敗戦後に昭和天皇へ「騙された。」との主旨の「近衛上奏文」を上奏していた。戦犯として裁かれない為、近衛を誑(タラ)し込んだ主犯を認めた。PVでは、近衛が「ある勢力」と共に日本敗戦の為に画策していた事を伝えた。「ある勢力」にとって、近衛上奏文は非常に都合が悪かったと言う。


その後、近衛元・総理は自殺した事になり、「東京裁判」に出廷できなかった。近衛上奏文も裁判資料として提出されなかった。


 

=四章構成=


  • 近衛文麿が夢見た敗戦革命の始まり〜一千年越しの藤原家の野望

  • 支那事変の扇動と反日革命児の暗躍〜こじ開けられた大東亜戦争へ向かう扉

  • 近衛文麿による敗戦革命の成功と挫折〜何故国際金融資本は近衛に戦争の罪を押しつけたのか?

  • 有耶無耶にされた近衛自殺の真相と次なる操り人形〜歴史の教科書が言わない戦後日本の政治構造


以下が全十七講義の内容。


  1. 「藤原道長の子孫・近衛文麿」;藤原家と皇室との切っても切れない関係性

  2. 「近衛文麿がパリ講和会議で受けた二つの衝撃」;誤解された近衛の真の人物像

  3. 「菅総理と近衛文麿の共通点」;近衛は如何にして国際金融資本家に取り込まれたのか

  4. 「近衛文麿はなぜヒトラーに憧れたのか?」;水面下で行われた日本共産化計画の全貌

  5. 「支那事変と朝日新聞関係者の影」;何故近衛内閣には朝日出身者が多いのか?

  6. 「支那事変と内閣書記官長・風見章の謀略」;戦争誘発した卑劣なメディア戦略

  7. 「日本で暗躍する国際金融資本の代理人」;白洲次郎、松本重治、牛場友彦...反日日本人の真意とは

  8. 「太平洋会議の裏側」;ソ連のスパイ尾崎秀実は何故国共合作を予知できたのか?

  9. 「ソ連共産党をモデルとした第二次近衛内閣」;日本を敗戦させるための伏線とは?

  10. 「ハメられた松岡洋右とロスチャイルド系クーン・ローブ商会の影」;偽りの日米和平交渉を行った理由

  11. 「日露戦争を望む陸軍と拒絶する近衛文麿」;勝機のあったソ連との戦争を拒否した魂胆

  12. 「東京裁判で隠蔽された近衛上奏文」;歴史教科書の常識を転換させるその内容とは?

  13. 「裏切り者認定された近衛文麿」;朝日新聞が急に近衛を戦犯扱いし始めた理由

  14. 「戦犯とされた近衛の最後の抵抗」;GHQにとって近衛の東京裁判出廷が不都合な理由

  15. 「疑問の残る近衛文麿の自殺」;自殺した書斎の隣で息を潜めていた二人の人物の正体

  16. 吉田茂政権と国際金融資本の影」;彼が戦後日米体制の指揮を任された真の理由

  17. 「戦後左翼のリーダー・風見章」;彼は何故ソ連、中国、北朝鮮の英雄になったのか?

 

画像:㈱経営科学出版、近衛文麿/国立国会図書館 文字修飾:FPhime

bottom of page